アネさんとビスコの愉快な日々

オカメインコの成長記録です♪

ビスコという名前

オカメインコをお迎えするにあたって、名前をどうしようかすごく悩みました。

 

通勤途中の電車や、お風呂の中でずーっと考える日々。 

男の子か女の子かもわからないし、

ペットショップから連絡が来るまではどんな子か見ることもできなかったので、

見た目の印象で決めることもできず。

 

ただ、ルチノーということだけは決まっていたので、

黄色いイメージから『たんぽぽ』にしようかなと考えていました。

 

お迎えに行くその日まで、たんぽぽでほぼ決まりかけていたのですが、

途中の電車の中で、なんとなくお菓子の名前にしたいなぁ〜

という気持ちになり始め、ビスケットのビスケにしようか…

いやいやビスコッティのビスコだ…!という流れに発展したのでした。

 

ビスコと言えばコレですが…

  

 

うちのビスコビスコッティです笑

 

で、最後はたんぽぽにしようかビスコにしようか、タロットで決めることにしました。

結果、たんぽぽが塔のカードでビスコは愚者…。※どちらも正位置

これはもう問答無用でビスコでしょう!とビスコに決定したのでした。

(タロット知らない人にはなんのこっちゃですねw)

 

愚者のカードはこちら。

 

f:id:ezoushimemo:20180620234348j:plain

 

黄色ベースのカードということろでルチノーとも合致しているし、

愚者のカードの意味も『自由』とか『無邪気』とか『天真爛漫』なので

これからお迎えする鳥さんにつけるにはピッタリのカードでした。

 

ちなみに、タロットの種類にヴィスコンティスフォルツァ版というのがあり、

このヴィスコンティは、かつてのイタリアの貴族ヴィスコンティ家から取られたものです。

実はビスコの名前の由来はヴィスコンティ家(ヴィスコ)で、

彼女はイタリアの高貴な貴族のお生まれである…!なんて、ふざけて遊んでみたりしてますw

 

 

f:id:ezoushimemo:20180620235812j:plain

↑この顔…彼女はどうみても貴族じゃなくて生粋な村娘ですね^^;

 

※念の為、ビスコは性別不明です※

 

 

お気に入りアイテム

ビスコを迎えたときは、いろんなおもちゃたくさん買って遊ばせよう!

とワクワクしてたのですが、実際のところ気に入って遊んでくれたものは

ほんとに少しでした。

 

せっかくいい値段のおもちゃ買ったのに、

見向きもしない、なんてものもちらほら^^;

 

f:id:ezoushimemo:20180618132853j:plain

↑これは、まだ食いついてくれたほう…笑

 

 

けっきょく、加工されたものより、自然のもののほうが

夢中になってくれるということを学びました。

 

 

このパパイヤバーは、相当楽しいようでずっとかじってます。

朝ケージに入れておいて、夜仕事から帰宅すると見事に粉砕されてます笑

 

 

 

あとはこちらもお気に入り。

うさぎ用ですが、ボロボロになるまでかじってます。

 

 

f:id:ezoushimemo:20180618132850j:plain

 

こちらのハンカチは100円ショップで売ってました。

可愛い鳥さんたちのイラストがたくさん♪

クチバシで持ち上げたりめくったりするのが好きなビスコ

ずっとフチをくわえて遊んでます。

 

 

f:id:ezoushimemo:20180618132845j:plain

 

にしても↑この顔、何か怖いんですが…w

ホラーみたいな写真が撮れちゃいました^^;

 

 

 

尽きない不安

こんなおもちゃを買ってみました。

 

f:id:ezoushimemo:20180617195021j:plain

 

f:id:ezoushimemo:20180617202650j:plain

 

たまごを数日間水に浸けて、殻から鳥の人形が生まれてくるという仕掛け。

鳥さんたちのラインナップは以下。

 

f:id:ezoushimemo:20180617204008j:plain

 

もちろんオカメちゃん狙いですが、スズメとブンチョウも可愛い♪

どの鳥さんが出てきても、ビスコのおもちゃにしよう。

気に入ってくれるかわかんないけど…笑

 

f:id:ezoushimemo:20180617204337j:plain

 

忙しい社会人としては、数日間もかけないで30分程度で孵化してほしいですw

 

f:id:ezoushimemo:20180617204752j:plain

 

 

ところで、ほんと今日の日中に突然なんですが、

ビスコのまぶたに白いポチっとしたできものができました。

最初ゴミかと思ったので自然に取れるのを待ってたんですが、

よく見るとまぶたから盛り上がってる感じで、ゴミじゃないみたい…。

 

ネットで調べたところ、どうも自然にできて自然に治るという

白ニキビがあるそうで、それに見えるような気もします。

が、不安は拭えません…。

 

ビスコが我が家に来てからというもの心配がつきず、

私自身、寝不足や疲労でけっこう重度のアレルギーを発症してしまっています。

(単に鳥アレルギーだったらどうしよう^^;)

 

最近は、

ビスコは私に心配をさせるためにうちにやってきたのではない…』

と自分に言い聞かせて、過度な不安は抱かないようにしているのですが、

なかなか心が思考についていかず。

 

とりあえず体重も減ってないし、フンの調子もあまり変わっていないので

ひとまずは様子を見ることにします。

 

ビスコのアネとして、精進しないとなぁ私。

 

 

日光浴は出窓で。

日光浴は基本的に出窓でさせてます。

うちは東京でも田舎のほうなので、出窓から家の裏手にある立派な丘陵が拝めます。

 

f:id:ezoushimemo:20180617111135j:plain

 

f:id:ezoushimemo:20180617162455j:plain

 

やはり外の景色が気になるらしく、ケージを出窓に移すと

必ず端っこに寄って外の景色を眺めるビスコ

 

f:id:ezoushimemo:20180617165057j:plain

 

鳥たちのさえずりもよく聞こえてくるので、

たまにそのさえずりに返事をしてるときがあります。

 カラスのカァー!という大きい声もよく聞こえるのですが、

怖がるかと思いきやあまり反応しません。

 

 

この時期でも、出窓から吹いてくる風は少し冷たい…。

冬はいったいどうやって日光浴をさせれば良いのでしょう。

アクリルケージは今のところ高すぎて手が出せません…汗

安くても3万円はするもんなぁ。

冬までの間にアクリルケージ貯金して買うか〜?

 

 

 

かぼちゃに初挑戦

今日の主食につけ合わせる野菜は、かぼちゃとピーマン。

 

f:id:ezoushimemo:20180617003052j:plain
 

これでカロチンばっちり!

かぼちゃは今回が初となります。

 

人参はあまり食べてくれなかったので、かぼちゃはどうかなーと思いつつ

ビスコの目の前にさりげなく置いてみると…

 

人参のときと同じで少しつつくも口にしませんでした^^:

 

諦めずに手でつまんでビスコの口元に運んであげると…

 

f:id:ezoushimemo:20180617003516j:plain

 

おおっ、かじりました!

 

が…

 

f:id:ezoushimemo:20180617003912j:plain

 

すぐにそっぽを向いてしまいました笑

 

その後、ピーマンのほうはおいしそうにシャリシャリと食べてました。

ビスコにあげる野菜は、小松菜とピーマン確定でいいかな。

色々あげてみたくなりますが、とりあえずビタミンAが取れてれば良いわけですしね。

 

 

 

冠羽の換羽

先週あたりから初換羽が始まりつつあるビスコさん。

毎日羽が4、5枚抜け落ちてます。

 

今朝、ケージの掃除をしていたら…

ん?何かいつもの羽と違う形の羽が…

 

f:id:ezoushimemo:20180616093529j:plain

 

こ、これ冠羽じゃないですかー!(;・∀・)

冠羽の換羽。

 

 

f:id:ezoushimemo:20180616094140j:plain

 

↑こちらは一昨日撮った写真なのですが、

まだ冠羽が抜け落ちる前。

 

f:id:ezoushimemo:20180616094558j:plain

 

↑そしてこちらが今日。

明らかに冠羽の本数が少ない!

貴重な頭の毛が2本も抜けちゃいました…笑

 

f:id:ezoushimemo:20180616094717j:plain

 

早く新しいの生えてくるといいね、ビスコさん。

 

 

 

昨日は、本当〜に久しぶりに飲んで帰りました。

もともとお酒は大好きですが、ビスコが来てからというもの

家にひとりにしておくのが心配で、いつも仕事が終わったら

飛ぶように帰ってたんです。

でもビスコも最近じゃスッカリ幼児の感じは抜けたし、

ご飯も自分でシッカリ食べるし、たまにはいいかな?

ということで、終電ギリギリの時間に帰宅しました。

 

けっこう酔っ払ってたこともあり、帰宅後はビスコに挨拶だけして

ケージカバーかぶせてそのまま寝入ってしまいました。

いつもは夜にケージの掃除をしつつ放鳥するんですが、昨夜はその時間はナシ。

 

で、朝おはよーと言いながらケージカバーをめくって

外に出そうすると…全く鳴かないし出ようとしない。

 

も、もしかして拗ねてる??^^;

 

根気強く『ビスコちゃーん、昨日はごめんねぇ〜』と猫なで声で話しかけ、

手を伸ばしてビスコが乗ってきてくれるのを待つ。

だいぶしてから、やっとこさ手に乗ってきてくれました。

 

しかしケージを出てからも全然鳴かない。

30分ぐらいして、ようやくいつものように鳴きなら飛んだりはねたりして

遊ぶようになりました。

 

たった一晩姿を見せなかっただけで私のことを忘れてしまったのか

それとも、ちょっと拗ねていたのか

 

どちらでしょう…笑

 

f:id:ezoushimemo:20180616101618j:plain

 

 

ごめんよー、ビスコ

 

 

ビスコとの出会い

オカメインコを飼いたい…!

そう思ったときからビスコが我が家にやってくるまで、

紆余曲折ありました。

 

何せ無知なので、雛から育てるのかとか、一人餌の子を探すのかとか、

そういった知識も全くなく、ただペットショップに行けば

手に入るものだと考えてたんです。

(今考えると恐ろしい…^^;)

 

まず地元の小鳥を扱ってるショップを探しました。

しかし犬や猫などのお店はすぐに見つかるものの、

小鳥がいるところは全然見つけられず…。

やっと1件、鳥や熱帯魚などを扱ってるお店を見つけて中に入ってみました。

良さそうな子がいればお迎えするつもりで。

 

店は、昭和の時代からあったんだろうなという感じの古びた様子で、

私が入ってきても静まり返ったまま誰も出てきませんでした。

恐る恐る中へ進むと、鳥のコーナーがあってオカメインコも1羽だけいました。

とても可愛い見た目をしていたので欲しくなりましたが、

値段がついていなく種類もよくわかりません。

相場が知りたいということもあり店主を探しましたが、全然見つからず。

 

しばらく探して、やっとレジの奥に座ってテレビを見ている店主の姿を発見しました。

初老の男性でしたが、私が近寄っても見向きもしません。

『あのー。オカメインコ、お値段はいくらですか?』

と聞くと、ぶっきらぼうに『18,000円』と低く答えただけでした。

 

あまりの感じ悪さに驚愕して、モヤモヤした気分になりながら店を出ました。

例えこんなところで鳥さんを迎えても良い結果にならないだろう…。

そう思いながら帰り際に店の外から小鳥たちの様子を覗いてみると、

とたんにケージの中でオカメちゃんがバタバタ暴れだしました。

こちらに向かってキュウキュウ鳴きながら。

 

まるで

『行かないで〜〜!』

と言われているようでした。

 

もしかしたら連れて帰ってほしかったのかもしれません。

いくらプロとは言え、あんな感じの悪いオッサンに育てられているんじゃ

可哀相だ…そう思いながらも、やはり連れて帰る気持ちにはなれませんでした。

 

次に、横浜にある某ショップに連絡をしました。

とてもオシャレなHPでいかにも良さそうな雰囲気のところ。

(検索すると上位に出てくる)

メール申し込み後、見学して購入を決めてくださいといった段取りだったため、

まずはメールをしました。

ところが、1週間経っても何の音沙汰もなし。

仕方なしに電話をしてみると、これまた年配の男性が出て、

1件目と同じぐらいの感じの悪さで対応されました。

『は?見学?ハァ…(ため息)

もうずいぶん先までいっぱいですが、いつ来たいんですか?』

こんな感じの投げやりな言い方。

決して誇張はしてません(●`ε´●)

 

1週間待ったあげくこんな返答をされたので、イライラをこらえつつ、

『メールしたんですけど見ていただけてますか?』と聞いたところ、

『そんなのは迷惑メールに入っていたら見てない』との返答。

 

私も大人気なくブチッと切れてしまい、

思わず『あー、もうけっこうです!』と言って電話を切ってしまいました^^;

ったく、オッサン2人なんなんだ笑

こんな対応するような人が、生命を扱う仕事してていいんでしょうか。

 

気を取り直して、次に隣町に小鳥専門ショップがあるのを発見して足を運びました。

ここは建物も可愛らしく店主の方も感じが良かったのですが、

オカメインコの入荷は未定ですと言われ、やはりお迎えすることは叶いませんでした。

 

もう、どこでお迎えしたらいいのかわからず途方に暮れる私。

最後に行き着いたのが、新宿某百貨店のペットショップでした。

(新宿にある百貨店では唯一のペットショップなんで、特定できちゃいますねw)

 

 

ここで接客してくれたのも、おじさま店員でしたが、

(ペットショップの店員って、アダルトな男性が多いんですか??^^;)

ここの店員さんは感じが良く、まぁデパートなんで当然と言えば当然ですが

 

今はちょっとオカメインコは売れてしまっていませんが、

もし良ければ入ってきたときに連絡しますよ

 

と言ってくださり、申し込みすることになりました。

 

検査して問題のない子じゃないと販売ができないので

連絡は1ヶ月ぐらいかかってしまうと思います、と説明を受け

 

もう1ヶ月でも何でも待ちます…!

オカメちゃん迎えられるなら…!(;´Д`)ハァハァ

 

という気持ちで、予約を入れたのでした笑

 

そうして、実際には連絡が来るまで2ヶ月近くかかりましたが、

やっと出会うことができたのがビスコでした。

 

ビスコは、たくさんいる雛たちの中から、

自分の好きな子を選んだわけではありません。

ペットショップが仕入れて『この子です』と見せてもらった子を

お迎えするしかありませんでした。

私はビスコしかいなかったし、ビスコも私しかいなかった。

色々なお客さんに見てもらって選ばれたワケじゃないのです。

 

でも、だからこそ必然的な出会いだと思ってます。

手繰り寄せるように出会ったんだなと感じております。

 

f:id:ezoushimemo:20180614234542j:plain

 ↑ピグモン顔のファニーなビスコ

 

ビスコに出会えて本当に良かったです。

 

あと、結果的に百貨店にお願いして正解でした。

お店に出す前にキチンと健康的かを調べてくれるし、

検診に出したという病院も、業界では有名な腕の立つ先生がいるところだったので。

 

ビスコ、これからもよろしくね。