アネさんとビスコの愉快な日々

オカメインコの成長記録です♪

箱入り娘に誰がした(その3)

その2の続き。

 

※一番下に追記あり

 

ビスコに、部屋の中を自由に歩いてもらう計画。

 

齧ったら毒になりそうなものが置いてある場所は、

バスタオルや布団、クッションなどで覆い隠して

『さぁ、どこを歩いてもOKよん、好きにしなさい!』状態で部屋に放してみました。

 

f:id:ezoushimemo:20180901123434j:plain

部屋の様子。

 

ところが、いざ好きにさせてみると…

 

全然動かないんです(汗)

 

周りのものに興味を持つワケでもなく、固まったまま。

そして私のほうに寄ってきて、体によじ登ろうとしてくる…。

 

歩いたり登ったり飛んだり…といったことを一切しません。

 

考えてみれば当然ですよね。

今までアレやっちゃだめコレやっちゃだめで、ビスコの行動を制限していたのに

いきなり好きにさせても、何していいんだかビスコ自身もわからないのだと思います。

 

そう言えば…と、少し前を思い出しました。

お迎えして、やっとうちに慣れてきた頃はビスコやんちゃだったんですよ。

ウロチョロして、いろんなもののところに行き、落ちてるものを齧り

見ていないとハラハラするぐらい遊び回ってました。

 

そんなビスコの好奇心を潰したのは紛れもなく私です(TдT)

 

ここでやっと標題。

 

箱入り娘に誰がした

 

答え、私。

 

ここまでが長かったなぁ…w

つーか、オメェしかいねぃじゃろ!

と自分ツッコミ^^;

 

少しずつ、少しずつ、ビスコには自由に慣れてもらおうと思います。

 

箱入りビスコから

ワイルドビスコへ。

ビスコザウルスへ。

 

f:id:ezoushimemo:20180901180719j:plain

 

変貌を遂げる日はやってくるでしょうか。

作り出せるか、緊張感。

 

 

最後に。

今、私が実践している『鳥に必要な緊張感』の話ですが、これはあくまで

 

・太ったオカメが痩せるには…

・巣を持ってしまって発情しそうな雌オカメの気持ちを切り替えるには…

 

といった状況の子が、獣医の話を聞いて実践しているお話となります。

 

わざわざ怖がるものをケージに入れるなんて…と

思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、虐めてるワケではないので

ご理解いただけたらと思います。

 

そして、この1週間でフンの状況が一変しました。

今までベタベタの水っぽい大きめのフンだったのが、

コロコロの小さめのフンに変わったのです。

毎回フン切り網を掃除するのに苦労してたのですが、

キレイにするのがだいぶラクになりました。

 

もしかしたらペレットが変わったせいかもしれません。

 けど、個人的にはやはり今まで溜めフンをしていたんじゃないかなと感じてます。

 

体重は横ばいで、まだ落とせてはいない状況。

 

これからもまだまだ挑戦は続きます!

 

追記

『緊張感対策』を行ってから今日でちょうど一週間…。

ビスコの換羽が始まりました。

私、換羽のメカニズムってあんまりよくわかっていないのですが、

発情が終わると換羽が始まると聞いたことがあります。

やっぱビスコ発情しかかってたのかなぁ〜^^;